2推薦書交付願融資のご案内

おもな生活衛生貸付

融資制度 一般貸付 振興事業貸付 生活衛生改善貸付
ご利用
いただける方
生活衛生
関係営業者
振興計画認定組合の組合員 生活衛生関係の事業を営む小規模事業者の方であって、生活衛生同業組合等から 経営指導を受けている方
お使いみち 設備資金 設備資金 設備資金 設備資金 設備資金
ご融資額 7,200万円~
4億円以内
1億5,000~
7億2,000万円以内
5,700万円以内 2,000万円以内
ご返済期間 13年以内 18年以内
(特別な場合
20年以内)
5年以内
(特に必要な場合
7年以内)
10年
以内
7年
以内
その他 指導センター理事長の推薦が必要となります。 所属する生活衛生同業組合理事長の資金証明が必要となります。 無担保、無保証
生活衛生同業組合理事長の
推薦が必要となります。
1.ご返済期間またはお使いみちなどによって利率が変わります。
2.ご融資額は業種によって異なります。

一般貸付

設備資金
業種 ご融資額
飲食店営業、喫茶店営業
食肉販売業、食鳥肉販売業
氷雪販売業、理容・美容業
7,200万円以内
一般公衆浴場業 3億円以内
2施設以上の場合 4億8,000万円以内
旅館業 4億円以内
興行場営業
サウナ営業
2億円以内
クリーニング業 1億2,000万円以内
ご返済期間(うち据置期間) 13年以内(1年以内)
[一般公衆浴場業は30年以内]
  • 振興計画認定組合の組合員以外の生活衛生関係営業者(現に営んでいる者、新たに営もうとする者…独立開業、新規開業)を対象とする設備(店舗等の新設、増改築、改装、買取り、機械器具等の購入等)資金の貸付です。
    店舗を賃借する場合の入居保証金、敷金及び権利金等を含みます。
  • 借入申込金額が500万円を超える場合には当指導センター理事長の推薦を受けることが必要です。当指導センターへお問い合わせください。
    なお、500万円以下の方は直接日本政策金融公庫にお問い合わせください。

長崎県知事の推薦書交付のご案内

(株)日本政策金融公庫(生活衛生資金貸付)の一般貸付の融資を申し込む方で、申込金額が500万円を超える場合、都道府県知事の推薦が必要です。
長崎県知事の推薦を受けたい方は、下記の表で該当する書類を揃えてから、当指導センターへ提出してください。
※ 他の都道府県所在の店舗に対する設備資金については、所在地を管轄する都道府県知事の推薦を受けてください。

区 分

必要な書類

新たにお店を
開業する方
現在お店を経営している方
店舗改装 支店
開設
※1
店舗移転 備品購入
推薦書交付願 (ワード)
推薦書交付願記載例 (PDF)
証明書 ※2
長崎県・市保健所の証明願(PDF)
佐世保市保健所の証明願(PDF)
借入申込書 (公庫ダウンロード)
営業許可書 (確認書)
(本店)

(移転前)
不動産(賃貸借、売買)契約書 ※3
店舗改装等見積書 ※4
什器備品等見積書
店舗平面図 ※5
創業計画書 (公庫ダウンロード)
確定申告書控 (直近2期分)
法人の場合 商業登記簿謄本
決算書 (直近2期分)
試算書 (決算日から6か月  経過している場合)
お客さまの情報の利用に関する同意書(PDF)
衛生管理の状況について(PDF)

※1 現在お店を経営されている方が、同業種の店舗を新たに開設する場合は「支店開設」になります。
※2 行政処分を受けていないことについて、保健所が発行する証明書。
(営業地を管轄する保健所へ証明願を提出して、証明書を発行してもらってください)
※3 まだ契約していない場合は、不動産仲介業者の重要事項説明書または、見積書でも可。
※4 業者の見積書が必要ですが、什器備品については、見積書が取れない場合は、金額が記載されたカタログでも可。 ご自身で準備される場合は、金額が確認できるリスト等をご持参ください。
※5 構造設備(飲食店の場合は、厨房の構造設備も)がわかる平面図。
※6 表中の参画については、現在お店を経営している方で、開業直後で税務申告が済んでいない方は、「創業計画書」が必要になります。

融資のご案内 – 長崎県生活衛生営業指導センター